日本「AI後進国」の危機感を ソフトバンクG孫正義氏
【未踏に挑む】

未踏に挑む
2019/7/27 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業の多くがデジタル化の波に乗り遅れるなか、潮流の中心にいるソフトバンクグループ。26日には人工知能(AI)投資に専念する10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の第2弾をつくると発表した。世界を席巻する巨額投資の先にどんな未来を描くのか。経営のリスクをどうコントロールするのか。孫正義会長兼社長に聞いた。

 1957年佐賀県生まれ。米カリフォルニア大学バークレー校卒。81年にコンピュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]