/

この記事は会員限定です

[社説]TICADが問うアフリカ支援の意義

[有料会員限定]

横浜で8月28日から開くアフリカ開発会議(TICAD)まで1カ月となった。日本主導で1993年に始めた首脳会議は今回が7回目だ。アフリカ支援の意義と原則を再確認する好機にしたい。

ここ10年の経済成長が年平均5%を超えたアフリカは、今やアジア新興国に次ぐ世界の成長センターだ。人口も2050年には25億人へと倍増し、世界人口の4分の1を占める見通しだ。

広がる市場と豊富な労働力は「21世紀最大のフロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン