/

この記事は会員限定です

「夢物語」釜石で実現 ラグビーW杯、新日鉄OB奔走

[有料会員限定]

27日にラグビー日本代表戦が行われた岩手県の「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」は、9月に始まるワールドカップ(W杯)の12会場で唯一の新設だ。東日本大震災で1000人以上の死者・行方不明者を出し、甚大な被害を受けた釜石市。「夢物語」ともいわれたW杯誘致は、新日鉄釜石ラグビー部の黄金期を支えたOBや地元関係者の奮闘なくして成し得なかった。

「釜石でラグビーをやったおかげで今の自分がある。恩返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1154文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン