東京海上、裁量労働制を縮小 4分の1の500人に

2019/7/27 23:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京海上日動火災保険は2020年にも一定時間をあらかじめ働いたとみなす「裁量労働制」を適用する従業員を4分の1の約500人に減らす方針を固めた。労働組合の同意を経て、営業や保険金支払いなどに従事する課長代理・支社長代理級の従業員を対象から外す。裁量労働制は対象業務が限られる。仕事の内容によって違法になるリスクがあると判断した。

現在は約2000人が裁量労働制のもとで働くが、労働組合に20年1月に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]