「有力議長で改憲シフトを」 自民・萩生田氏

2019/7/27 17:04
保存
共有
印刷
その他

自民党の萩生田光一幹事長代行

自民党の萩生田光一幹事長代行

自民党の萩生田光一幹事長代行は26日夜のインターネット番組で、憲法改正の国会発議に向けた議論が進まない場合の対応として「有力な方を(衆院)議長に置いて憲法改正シフトを国会が行っていくのは極めて大事だ」と述べた。他の出演者が大島理森衆院議長の交代の可能性に言及したことを受けた質問に答えた。

萩生田氏は大島氏について「立派な方だが、どちらかというと調整型だ。野党に気を使いながら審査を促すのも議長の仕事だった」とも語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]