/

この記事は会員限定です

外国人特派員がみる参院選後 改憲・日韓・ポスト安倍

[有料会員限定]

参院選で自民、公明両党が改選過半数を上回った。日本維新の会などを加えた改憲勢力は憲法改正の国会発議に必要な3分の2を割った。外国人特派員は参院選後の日本政治をどうみているのか。4人の記者に聞いた。

首相は自民党総裁としての任期が切れる2021年9月までの改憲発議と国民投票に意欲を示している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのピーター・ランダース東京支局長は「結局、首相が任期中に改憲を実現するの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン