梅田地下街「脱ダンジョン」進む 道案内に知恵
案内板の表示統一・訪日客向け地図…

2019/7/27 12:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

複雑に入り組んだ構造から、地下迷宮を表す「ダンジョン」の異名を持つ大阪・梅田の駅地下街で、利用者の円滑な移動を後押しする動きが広がっている。鉄道各社が案内表示板の統一を進めるほか、インバウンド(訪日外国人)に配る地図に経路を書き込むなどのサービスも。関係者は「利便性を高め、大阪だけでなく、関西各地の観光に向かう拠点としての魅力を高めたい」と話す。(丸山景子)

7月中旬。地下街でカナダ人の女性(2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]