センサーで要介護者の転落防止 TAOS研究所が改良

2019/7/29 6:00
保存
共有
印刷
その他

脈拍や脳波など生体情報の測定を手がける技術ベンチャーのTAOS研究所(横浜市)は、センサーを用いて要介護者の状態を随時把握する見守り機器「AiSleep(エイアイスリープ)」を改良した。心拍や呼吸、寝ている位置、睡眠状態など各種データを一つの画面で見られるようにして、要介護者がベッドから落ちる前に介護職員らが対応できるようにした。

横浜市の仲介で実施した実証実験の様子

要介護者が寝る布団の下に、センサーを組み込んだ専用マットを敷く。測定した生体データは介護職員や家族などがPCやスマホなどで見られる。介護職員は適切なタイミングで部屋に行き体位を変えたり、声がけができたりする。家族も安心して要介護者を介護施設などに預けられるようになるという。介護職員の負担軽減や業務効率化につながることも期待できる。

横浜市が仲介して実施した実証実験などの結果を受け、要介護者の様子を一括管理できるようにするなど現場が使いやすいように改良した。国内だけでなく、中国など海外でも販売していく。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]