/

この記事は会員限定です

永田恭介・国立大学協会長に聞く(上) 連携で研究力強化

[有料会員限定]

永田恭介筑波大学長(中央教育審議会副会長)が国立大学協会長に就任した。筑波大学長の国大協会長就任は初めて。永田会長に話を聞いた。

――国大協会長として最も訴えたいことは?

システムとしての国立大学が社会に大きく貢献していることだ。

文部科学省のCOI(革新的イノベーション創出プログラム)で弘前大学が高い評価を得た。日本一の短命県という青森県の汚名返上のため、地域と協力しながらビッグデータなどの活用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン