福島・南相馬、スマート農業に託す被災地の営農再開
(東奔北走)

大震災8年
北海道・東北
2019/7/26 19:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴う避難指示解除から3年がたつ福島県南相馬市小高区で、国や県などの産官学がタッグを組んだ「スマート農業」の実証実験が今春始まった。福島の農業は東日本大震災と原発事故で疲弊し、担い手を失った。先端技術が将来へ新たな可能性を生み、若い人材育成につなげられるか。多くの関係者が注目している。

小高区上浦は県の浜通り地方の温暖な気候で育った森林と、肥沃な土地に囲まれた地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]