2019年9月18日(水)

建築文化を金沢から発信、谷口吉郎・吉生記念館が開館

2019/7/26 19:30
保存
共有
印刷
その他

東京国立近代美術館などの設計で知られる金沢市出身の建築家、谷口吉郎氏の住居跡で26日、建築文化を発信する「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」(金沢市)が開館した。吉郎氏の長男で、ニューヨーク近代美術館などを手掛けた建築家の吉生氏が設計した。館内には吉郎氏の代表作を再現したほか、様々な企画やイベントを開く展示室も設置した。

谷口吉郎氏が手掛けた迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」の広間を再現した(金沢市)

谷口吉郎氏の住居跡に開館した(金沢市)

建物は地上2階、地下1階建てで延べ床面積は1570平方メートル。館長には建築分野を専門とする金沢工業大学の水野一郎教授が就いた。

2階には吉郎氏の代表作で、1974年に日本の建築文化などを海外の賓客に発信する目的で作られた迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭(ゆうしんてい)」の広間と茶室を再現した。

地下1階は企画展示室で、まず「清らかな意匠 金沢が育んだ建築家・谷口吉郎の世界」を来年1月19日まで開く。吉郎氏が設計を手掛けた建物の写真や解説などを展示する。1階にはカフェや建築関連の書籍やポストカードなどが購入できるショップを設置した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。