新財務局長が抱負、平井氏「金融機関と対話」重視

2019/7/26 19:15
保存
共有
印刷
その他

5日付で北海道財務局長に就任した平井康夫氏(52)が26日、札幌市内で会見し「地域の生の声を聞き、金融機関と対話したい」と述べた。金融機関と取引のある地元企業の両方を回った経験などを生かし「課題を把握した上で金融機関のトップと話したい」と話す。

平井康夫・北海道財務局長

平井氏は1989年に旧大蔵省に入省。欧州勤務や長崎大学への出向などの経歴があり、直近は関東財務局で金融安定監理官を務めていた。北海道の金融機関には「本業の金融仲介を通じて取引先の企業価値を向上させてほしい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]