エコム、3Dデータ使い販路開拓 VRで技術体験

2019/7/26 19:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工業用加熱設備の設計・製造を手掛けるエコム(浜松市)は、仮想現実(VR)など3次元(3D)データ技術を活用した海外販路開拓や顧客工場向けの3Dデータ作成サービスに乗り出す。3Dデータ活用をてこに販売拡大や工業炉のメンテナンス事業を拡大し、4年後の2023年7月期の売上高を19年7月期(見込み)比で12%増の28億円に引き上げる。

VRを使った海外販路開拓を始めた。6月末にドイツのデュッセルドルフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]