/

この記事は会員限定です

エコム、3Dデータ使い販路開拓 VRで技術体験

[有料会員限定]

工業用加熱設備の設計・製造を手掛けるエコム(浜松市)は、仮想現実(VR)など3次元(3D)データ技術を活用した海外販路開拓や顧客工場向けの3Dデータ作成サービスに乗り出す。3Dデータ活用をてこに販売拡大や工業炉のメンテナンス事業を拡大し、4年後の2023年7月期の売上高を19年7月期(見込み)比で12%増の28億円に引き上げる。

VRを使った海外販路開拓を始めた。6月末にドイツのデュッセルドルフで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン