ウナギ高騰、厳しい「丑の日」商戦 代替品にサケも

2019/7/26 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

27日の土用の丑(うし)の日を控え、ウナギの売れ行きが鈍い。7~8月に最盛期を迎えるウナギだが、高値に加えて長梅雨で客足が鈍っているためだ。小売店や飲食店が「土曜(どよう)」かぶりで家族客の需要に期待をかける27日も、台風の上陸が予想される。うなぎの大量消費に対する批判も高まるなか、売り手には厳しいウナギ商戦となりそうだ。

日経POS情報によると、スーパーでの7月8~14日の「かば焼き」の購入金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]