書斎のゴルフ

フォローする

パットに努力はいらない ストックトンの教え(中)

(1/2ページ)
2019/8/8 5:30
保存
共有
印刷
その他
 デイブ・ストックトンは並外れたパット力を持ってメジャー5勝を挙げた名手。指導者としても、フィル・ミケルソンらのパット力を向上させ、マスターズ優勝などをもたらした。そんなストックトンの教えは、目から鱗(うろこ)が落ちるほど明快で単純なもの。我々、アマチュアにも大いに役立つ素晴らしいものだ。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.43」から)
ストックトンの教え その4
「ラインをイメージできたら、いつものルーティンで構え、ストロークします」

ボールからカップまでのラインをイメージできたら、どのようにボールに近づき、打てばよいのか。

「それがルーティンです。いつも同じように行い、自分のリズムをつくることが素晴らしいパットを生み出します」

ストックトンのルーティンを教えてもらおう。

「ボールの後方でラインをイメージしたら、2度3度、右手を振って、ボールを転がすイメージを持ちます。こうすると転がりのスピードがイメージできるので、タッチの感覚を持てます」

つまり、仮想ボウリングを行うというわけだ。

「タッチの感覚がつかめたら、ラインを見ながらボールに近づきます。最初に右足、次に左足を置きます。両手でグリップして、パターヘッドをボールの前方に置きます。スタンスを調整して、パターヘッドを持ち上げてボールの後方にセットします。一度だけ、カップまでのラインを再確認し、ボールから15センチ先くらいのライン上のスパットを見ながら、そこを通るようにパットを行います。この間ラインに対する集中力は絶対に切らさないことです」

つまり、ボールの後方でも横でも素振りはしない。ラインへの集中力が途切れてしまうからだ。

「ストロークを開始するとき、私はフォワードプレスを行います。パットは打ち始めるときが難しい。一度手を目標方向に動かすフォワードプレスは、ストロークを開始するきっかけになります。緊張せずにストロークを始められます。フォワードプレスは、バックスイングの一貫だと私は考えていて、特別なものとはとらえていません」

ストックトンはこのルーティンを練習のときから行っている。

「私は2個のボールを使って練習しますが、1球1球、きちんとルーティンを行ってパットします。練習のときからやっておけば習慣となって、本番でも無意識に行うことができ、スムーズなパッティングを可能にしてくれます」

ルーティンで大事なことはラインから目をそらさず、打ち終わるまでラインに集中し続けること。ボールは「打つ」のではなく、「転がす」ことである。

ストックトンの教え その5
「グリップ、スタンス、利き目など、セットアップの基本を知っておきましょう」

ボールからカップまでラインを描けたら、そのラインに乗ってボールが転がればよいわけだが、なかなかうまくできないゴルファーもいるだろう。そんな人にストックトンが教えてくれる。

「フォームやストロークなどにこだわってほしくはないのですが、基本を知っておけば、より楽にパッティングができることもあるかと思います。まずはグリップやスタンスなど、構えに関しての基礎知識です」

ストックトンのパッティンググリップは逆オーバーラッピングだ。

「どんな握り方でもラインに転がすことができればよいのですが、できない人は私と同じ逆オーバーラッピングがよいと思います。左右どちらかに力が入るということがなく、両手のバランスがとてもよいグリップです。普通のグリップだとどうしても右手に力が入りやすいと私は思っています。右手の人さし指を伸ばしてパターグリップに沿わせるのも右手が強くなると思います。逆オーバーラッピングにして、各指を広げてパターグリップ部の全部を覆うようにして、柔らかく握ります。タッチが出しやすいように、指の感覚がパターに伝わるようにするわけです」

次はスタンス。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
「ポトンショット」でバンカーショットをするとき、できればフィニッシュでお辞儀をする「お辞儀スイング」をしてほしい。起き上がりを防いでさらにうまく打てる

 「バンカーが苦手な人はプロのバンカーショットをまねてはダメ」と久富章嗣さんは言う。それはどういうことなのか。そこで久富さんと生徒さんの親睦コンペ&レッスン会に参加してバンカーショットのレッスンを受け …続き (9/16)

 「バンカーが苦手な人はプロのバンカーショットをまねてはダメ」と久富章嗣さんは言う。それはどういうことなのか。そこで久富さんと生徒さんの親睦コンペ&レッスン会に参加してバンカーショットのレッスンを受け …続き (9/12)

バンカーはティーアップしたティーを打つ「ポトンショット」とフィニッシュでお辞儀をする「お辞儀スイング」で脱出できる

 「バンカーが苦手な人はプロのバンカーショットをまねてはダメ」と久富章嗣さんは言う。それはどういうことなのか。そこで久富さんと生徒さんの親睦コンペ&レッスン会に参加してバンカーショットのレッスンを受け …続き (9/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]