JRのお盆指定席予約、5年連続で前年上回る

2019/7/26 16:53
保存
共有
印刷
その他

JRグループ6社は26日、お盆期間の8月9~18日の新幹線や特急列車の指定席の予約が、25日時点で前年比2%増の351万席だったと発表した。5年連続で前年を上回った。混雑のピーク日は下りは10日、上りは15日とする。10~12日が3連休となったことが好調を後押しした。

8月9~18日の10日間で、グループ全体で前年から4%多い983万席の指定席を供給し、すでに351万席(前年比2%増)の予約が入っている。JR東日本では足元で帰省客が主体の下り列車に比べて東京観光などでの利用が多い上り列車の予約が鈍く、「長梅雨で寒い日が続いたため、レジャーの利用客が少ないようだ」という。

昨年は豪雨の影響で予約数が減っていたJR西日本は4%増で、JR四国は15%増えた。JR九州は新幹線予約が好調で4%増、JR北海道では特急指定席の予約が鈍く微減だった。JR東海では新幹線の予約席数が2%増の146万席。需要の増加に応えるため、8月9日には1日の運行本数で過去最高の436本を運行する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]