日経実力病院調査 肺がん、新たな治療法続々
生存率改善に期待高まる

2019/7/28 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

肺がんは日本人のがんの死者数で最も多い。日本経済新聞の実力病院調査で症例数が多かった病院では、切除だけでなく、体に備わる免疫の仕組みを生かす「免疫チェックポイント阻害剤」と抗がん剤の併用や、抗がん剤による全身治療後の外科手術など、複数の手法を組み合わせる治療法に力を入れている。次々と新たな治療法が生まれており、生存率の改善に期待が高まっている。

【関連記事】胃がん手術、支援ロボの活用広がる 日経実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]