/

この記事は会員限定です

大分大学発の医療スタートアップ 第一三共と共同研究

[有料会員限定]

大分大学発スタートアップの大分大学先端医学研究所は第一三共と共同研究の契約を結んだ。同研究所は血圧のコントロールなどに関係する「ペプチド」(たんぱく質の断片)について、その構造を高精度に模倣する技術「ペプチドミメティクス」に強みを持つ。技術を生かし医薬品の開発を急ぐ。

同研究所は大分大の研究成果を事業化するため2017年に設立された。狂犬病の薬の候補や新たな抗がん剤の候補物質を見つけており...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません