/

この記事は会員限定です

[社説]テレワークで働き方をもっと柔軟に

[有料会員限定]

時間や場所にとらわれずに働く「テレワーク」を約2000の企業・官庁が一斉に始めた。五輪開催中の交通渋滞を避けるための本番を想定した1カ月半の試行だが、柔軟な働き方は生産性の向上や優秀な人材を確保する上でも欠かせない。この機をとらえてテレワークの普及を促したい。

テレワークは政府が掲げる働き方改革の1つで、在宅や移動中など会社から離れた場所でも働ける就労形態だ。通勤に時間や体力を使わなくて済む。半面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン