/

この記事は会員限定です

国産豚肉3~4割安 長梅雨で消費伸びず

[有料会員限定]

国産豚肉が値下がりしている。指標品は前年同期と比べて3~4割安い。今年は梅雨が長く気温の上昇が抑制されたため暑さに弱い豚の生育が順調で出荷が多かった一方、バーベキューや焼き肉需要が盛り上がりを欠き消費が伸びない。スーパーは需要増を見越していたが商品がだぶついているという。

豚肉卸値の指標となる東京市場の骨付き豚肉(上級品、加重平均)は7月下旬時点で1キロ450~500円前後で推移している。前年同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン