/

この記事は会員限定です

花王、1~6月営業益2%減 中国規制で爆買い一服

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

花王の2019年1~6月期は本業のもうけを示す連結営業利益(国際会計基準)が前年同期比2%減の890億円程度だったようだ。中国で電子商取引(EC)事業者への規制が強化された影響で、中国人による「爆買い」が一服し、紙おむつの販売が減った。ただ今期は消費増税前の買いだめが予想される7~9月期に利益を大幅に積み上げる計画。EC規制の影響も一時的とみられ、19年12月期業績予想は据え置く見通しだ。

同社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン