/

この記事は会員限定です

同一労働同一賃金、待遇差は企業に説明義務

(解説 働き方改革関連法)

[有料会員限定]

「同一労働同一賃金」の新制度は大企業は2020年4月、中小企業では21年4月から導入される。企業にとって注意すべきポイントは「説明義務」だ。正規と非正規労働者で待遇差がある場合、従業員から求められれば、その内容や理由について説明しなければならない。施行は8カ月後に迫る。手当や福利厚生が不合理な待遇差になっていないかなど、企業は早急に確認する必要がある。

待遇差に関し、企業が説明義務を課せられるタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン