同一労働同一賃金、待遇差は企業に説明義務
(解説 働き方改革関連法)

2019/7/28 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「同一労働同一賃金」の新制度は大企業は2020年4月、中小企業では21年4月から導入される。企業にとって注意すべきポイントは「説明義務」だ。正規と非正規労働者で待遇差がある場合、従業員から求められれば、その内容や理由について説明しなければならない。施行は8カ月後に迫る。手当や福利厚生が不合理な待遇差になっていないかなど、企業は早急に確認する必要がある。

待遇差に関し、企業が説明義務を課せられるタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]