/

神奈川銀、M&A仲介業者と提携 親族外承継を強化

神奈川銀行は中小企業や個人事業主のM&A(合併・買収)の仲介事業を手掛けるM&Aの窓口(東京・品川)と業務提携した。後継者不足に悩む地元中小企業に子どもや兄弟ら親族以外に事業を引き継ぐ「親族外事業承継」を勧めるなどして、取引先の事業継続の支援強化を目指す。

提携を受けM&Aの窓口は、ノウハウや人的資源を提供して神奈川銀に協力する。親族外承継の啓発に加え、企業側の需要を具体化したり事業承継先を紹介したりする方針だ。同行によると、従来の仲介サービスに比べ手数料やアドバイザー報酬を抑え顧客の負担軽減につながるのが特徴だという。小規模なM&Aの活性化を促す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン