途上国女性の活躍支援 日米独で小口金融向けファンド
政府系連携、サハラ以南に4割

2019/7/26 12:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際協力機構(JICA)は米独の政府系金融機関などと共同で、途上国の女性の社会進出を支える金融サービスに投融資するファンドを設立する。運用規模は1億ドル(約110億円)で、このうち約4割をアフリカのサハラ砂漠以南の「サブサハラ」地域に充てる。女性が起業などによって活躍できる環境を整え、途上国の経済成長を後押しする。

途上国の女性を支援する非営利組織、ウィメンズワールドバンキング(本部ニューヨーク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]