2019年9月20日(金)

北朝鮮ミサイル発射、問題視せず トランプ氏が認識

2019/7/26 7:31
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は25日のFOXニュースの電話インタビューで、北朝鮮による同日の飛翔(ひしょう)体の発射について「彼らは核実験はしていないし、小さいミサイルしか発射していない」と述べ、問題視しない立場を示した。トランプ氏は5月の短距離ミサイル発射に際しても同様の認識を示していた。

ポンペオ国務長官は米朝の実務者協議の開催になお時間がかかるとの見通しを示す(写真はロイター)

一方、米国務省のオルタガス報道官は同日の記者会見で、今回の飛翔体発射について「挑発行為をしないよう求める。全ての関係者が国連安全保障理事会の決議を順守すべきだ」と述べ、北朝鮮に自制を促した。韓国は飛翔体が新型の短距離弾道ミサイルと分析している。

これに関連し、ポンペオ米国務長官は米ブルームバーグテレビとのインタビューで、北朝鮮との非核化を巡る実務者協議について「数週間内には開催するだろう」と述べ、なお時間がかかるとの見通しを示した。米国は7月中旬の開催を目指していたが、月内の開催は危うくなりつつある。

ポンペオ氏は「2週間、4週間、6週間待とうが、大事なのは生産的な対話ができるようにすることだ」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。