スターバックス、4~6月は61%増益 米中で好調

2019/7/26 6:51
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米コーヒーチェーン大手スターバックスが25日発表した4~6月期決算は、純利益が前年同期比61%増の13億7200万ドル(約1490億円)となった。主力の米中市場での販売が好調だった。

スターバックスは米中市場がけん引し大幅増益となった=ロイター

売上高は8%増の68億2300万ドルだった。米国では既存店売上高が7%増えた。注文アプリなどデジタル事業の強化の他、有料顧客プログラムの特典を強化し、同期中に40万人近くの有料会員を獲得した。中国でも既存店売上高は6%増となった。

ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「長期的な成長が見込める米国と中国という2大市場が非常に好調だった」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]