憲法改正「首相に議論ぶつける」 国民民主・玉木代表

2019/7/25 22:11
保存
共有
印刷
その他

国民民主党の玉木雄一郎代表は25日放送のインターネット番組で、憲法改正論議に関し「議論は進める。安倍晋三首相にもぶつける」と前向きな姿勢を示した。国民民主への自民党による切り崩しを警戒した上で「党としての考えをまとめて、最終的には党首と党首で話をしたい」と強調した。

参院選で「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2を下回ったことを踏まえ「首相が(国民民主に)秋波を送っているのは新聞で見た」と言及した。

同時に、自民が掲げる9条への自衛隊明記など改憲案4項目には「必ずしも賛成ではない」と重ねて表明した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]