/

この記事は会員限定です

ジョンソン英首相、穏健派を一掃 主要ポストに強硬派

ハント氏支持者も閣外へ 純化路線を追求

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】24日に就任した英国のジョンソン首相は新政権の閣僚人事で、合意の有無にかかわらず10月末に欧州連合(EU)を離脱する姿勢をさらに鮮明にした。EUとの関係を重視する穏健派はほぼ一掃し、決選投票の相手だったハント前外相を支持した主力議員も入閣させなかった。「挙党一致」よりも強硬離脱を支持する議員を集める「純化路線」を選択したが、国内のさらなる分断を招くリスクは大きい。

ジョンソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン