2019年8月23日(金)

薬産む鶏、ゲノム編集で 卵の中に成分
NextTech2030

科学&新技術
2019/7/26 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

遺伝情報を自在に改変するゲノム編集を使い、バイオ医薬品を安価に作る研究が進む。産業技術総合研究所の大石勲・先端ゲノムデザイン研究グループリーダーらは、鶏卵の中に薬の成分を大量に作ることに成功した。実験では、1個の卵で3億円相当の薬の成分ができた。バイオ医薬品は高価でがんやリウマチなどに限られていたが、ヘアケアやペット向けなどにも用途が広がる可能性がある。2030年ごろには安価なバイオ医薬品が身近…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。