東京福祉大系に是正指導、留学生定員超過で愛知県

2019/7/25 21:00
保存
共有
印刷
その他

愛知県は25日、定員を大幅に上回る留学生を在籍させていた東京福祉大系列の「保育・介護・ビジネス名古屋専門学校」(名古屋市)に対し、定員超過を解消するよう是正指導した。同校は2015年度以降、生徒数や収入、教職員数を県に過少報告していたという。

県は「問題を招いた責任は重大」とし、再発防止策などをまとめた改善計画書を8月30日までに提出するように求めた。

県によると、同校は総定員1116人に対し、4962人の生徒が在籍。中でも留学生しかいない2学科には定員の7倍超となる4739人が在籍していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]