ジャパンフーズ、61億円投じ缶飲料新工場

2019/7/25 20:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲料受託製造大手のジャパンフーズは生産効率向上と人手不足に対応するため、本社工場(千葉県長柄町)の敷地内に缶飲料の新工場を建設する。投資額は約61億円で、2021年1月から稼働する計画だ。多様化する顧客の要望に対応する狙いもある。

新工場の敷地面積は約8000平方メートル。2階建てで1階を原料や完成品を保管する倉庫とし、2階に従来型のステイ・オン・タブ(SOT)缶飲料に対応する製造ラインを新設す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]