/

八十二銀、洋菓子店の資金調達を支援 CF活用

八十二銀行は25日、クラウドファンディング(CF)サイトを運営するミュージックセキュリティーズ(東京・千代田)と連携して、洋菓子店の資金調達を支援すると発表した。CFを活用してファンドを組成する。同日から資金募集を始めた。

ファンド名は「菓匠Shimizu伊那スイーツファンド」で、調達した資金は洋菓子店を運営する菓匠Shimizu(長野県伊那市)が設備費用に振り向ける。募集総額は554万円で、デコレーションケーキの土台作りの生産能力向上に向けた設備投資費などに充てる計画だ。

一口2万1000円(うち手数料が1000円)から申し込みができる。募集期間は20年1月末まで。出資者は菓匠Shimizuの業績に応じて、21年から3カ年、分配金を受け取る。

八十二銀行がCFを利用したファンドで資金調達を支援するのは6件目。過去には県内の酒蔵による原材料費の資金調達を支援している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン