フェイスブック、顕在化する「国家」リスク

2019/7/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米フェイスブックが24日発表した2019年4~6月期の決算は売上高が前年同期比28%増えた。不祥事のさなかでも高い成長力を示したが、純利益はプライバシー保護にからんだ当局の制裁金が響いて49%減った。対話アプリやデジタル通貨を軸に新たな成長事業を模索するなか、司法省らによる反トラスト法(独禁法)調査も始まるなど「国家」の壁が足かせになりつつある。

「我々のビジネスは成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]