役員が禁煙チャレンジ、大王製紙 社員の手本めざす

働き方改革
日経産業新聞
2019/7/26 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大王製紙は社員の喫煙率の低減に向けて、役員全員が禁煙に取り組む「役員禁煙チャレンジ」を始めた。これまでも禁煙外来の費用を助成したり、所定労働時間内の禁煙を就業規則に定めたりしてきたが、社員の喫煙率は2018年度で31.2%と全国平均に比べればまだ高い。役員が率先して姿勢を示すことなどで、19年度には喫煙率25%以下をめざす。

取締役と執行役員の計29人のうち、10人の喫煙者全員が19年度上期中の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]