/

メルカリ、19年6月期最終赤字137億円

フリーマーケットアプリ大手メルカリは25日、2019年6月期の連結最終損益が137億円の赤字(前の期は70億円の赤字)となったようだと発表した。これまで売上高以外の業績予想は開示していなかった。スマートフォン決済「メルペイ」への先行投資や、従業員の積極採用による人件費の増加で前の期より赤字幅が拡大した。

売上高は45%増の516億円だった。主力の国内フリマアプリが好調で、消費者が不用品を売買する際に得られる手数料収入が増えた。米国事業やスマホ決済も増収に貢献した。

また18年12月に、解散すると発表していた英国子会社の株式を、現地企業に譲渡することも発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン