リーバイ・ストラウスジャパン 東京・原宿にアジア最大級の店舗を開業 オーダーメードジーンズも展開

2019/7/25 19:01
保存
共有
印刷
その他

ジーンズ大手リーバイ・ストラウスジャパンは25日、東京・原宿に新たにアジア最大級の旗艦店を開業すると発表した。開業にあわせ、日本で初となるオーダーメードジーンズを開始する。日本に2人しかいない専任の職人が手作業でジーンズを製造する。アジアに先駆けて最新のサービスを提供し、顧客開拓につなげる。

日本で初めてオーダーメードジーンズの製造サービスも開始した

26日に開業する「リーバイス 原宿 フラグシップストア」(東京・渋谷)は売り場面積が約527平方メートルで、1階から3階で展開する。人気キャラクターとのコラボレーション商品やビンテージデニムなどを並べる。

3階ではアジア地域で初の試みとなるオーダーメードジーンズのサービスを受けられる。「LOT No.1(ロットナンバーワン)」はヨーロッパで修行を積んだ同社の職人が顧客の要望にあったジーンズを製造する。店内には相談スペースを用意し、認定された専任の職人2人と、顧客が生地や縫製の仕方などを話し合えるようにした。価格は10万円(税別)からで完成までは1カ月程度かかる。

東京・原宿は日本だけでなく、海外からの観光客も多く訪れるという。リーバイ・ストラウスのジェン・セイ最高マーケティング責任者(CMO)は「東京は特別なマーケットで、世界の中でリーディングマーケットの1つだ」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]