長岡花火財団、政投銀と協定 運営基盤を強化

2019/7/25 18:58
保存
共有
印刷
その他

「長岡まつり大花火大会」を主催する長岡花火財団(新潟県長岡市)と日本政策投資銀行は、イベントの運営基盤強化に向けた協定を結んだ。同財団の経営計画の策定のアドバイスや進捗の確認などで連携を強化する。金融や財務面で安定した体制を作り、大会を安定的に運営できるようにする。

「オフィシャルパートナー協定」の締結は22日付。両者はこれまでも情報交換や、新規事業の立ち上げに向けた収益性に関するアドバイスなどで連携してきた。協定の締結で一段と連携を深め、長岡花火の価値向上へとつなげる。

政投銀は秋田県の「大曲の花火」でも企業との連携を進めている。花火イベントは地域経済活性化への効果が大きいとみており、新潟県外でのノウハウを生かしながら同財団の体制強化を支援する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]