がん克服へ専門超え分析 富山大学付属病院 膵臓・胆道センター

2019/7/26 6:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がんの中でも特に発見と治療が難しいとされるのが、膵臓(すいぞう)と胆道系のがんだ。富山大学付属病院の膵臓・胆道センター(富山市)は、こうした疾患を専門にした日本初の施設。異なる専門分野の医師が治療方針を徹底的に議論し、周辺の医療機関とも連携する。開設から1年足らず。全国から患者を集めているほか、国内外の医療機関から研修に訪れる医師も後を絶たない。

2018年9月に開設した膵臓・胆道センターでは毎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]