2019年9月16日(月)

山形大、鶴岡の地震を墓石転倒から推定 震度7の可能性も

2019/7/25 18:46
保存
共有
印刷
その他

山形大学の本山功准教授の研究室は25日、山形県鶴岡市で震度6弱を観測した地震に関連する揺れの調査結果を発表した。墓石がどの程度転倒したかを調査して局所的な揺れを推定する手法で、場所によって6強や7の可能性があることがわかった。地形によって揺れが増幅される場所があり、より詳細な分析を通じて防災に役立てる。

倒壊した墓石の割合をもとに震度を推定(山形県鶴岡市)

調査は6月18日の発生を受け、鶴岡市から新潟県村上市までの51カ所の墓地で実施。鶴岡市小岩川地区の墓地では半数以上の墓石が転倒した場所があった。熊本地震などをもとにした墓石の転倒率と震度の関係調査によると震度6強と推定されるという。

墓地は山の一角にあり揺れが増幅されたためとみられる。同じ墓地ではほとんどの墓石が倒れた一角があり震度7に相当するという。このほか震源から離れているが、酒蔵などに大きな被害のあった大山地区では5強と推定された。地震の震度計は数が限られ、今回の地震では鶴岡市の山間部にある観測地点で6弱を観測していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。