/

中部大、「中分子薬」の製造コスト 1000分の1以下に

中部大学の山本尚教授と村松渉助教らは、次世代医薬品「中分子薬」を効率的に生産できる技術を開発した。特殊な触媒を使い、たんぱく質の断片である「ペプチド」を異物の発生を抑えて製造できるようにした。生産コストは従来の1000分の1以下になるという。化学メーカーと協力して受注生産できる体制を整える。

新技術は製薬各社が力を入れる中分子薬の製造に役立つ。中分子薬にはペプチドなどがあり、病気にかかわる体内の物質に結合して作用する。化学合成で作るが、ペプチド1グラムの製造コストが1億円に達することもあり、安価な製造法が求められている。

研究チームは独自の触媒を使い、狙ったペプチドを合成できるようにした。従来のように原料となる分子を一個ずつつなぎ合わせるような工程がなくなるため、生産コストが1000分の1以下になるという。

山本教授は受注生産について「世界からの注文に応えられる体制を整えたい」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン