/

この記事は会員限定です

最低賃金引き上げが日本を救う D・アトキンソン氏

小西美術工芸社社長

[有料会員限定]

日本にはこれからどんな先進国も直面したことのない人口減少、高齢化危機が迫ってくる。ほかの先進国は緩やかだが、日本だけはスピードが速く、規模がけた外れに大きい。2060年までの日本の労働人口の減少分は世界第5位の経済規模の英国の全ての労働者より多い。

増える一方の社会保障負担、減る一方の生産年齢人口。問題を解決するには生産性の向上しかない。それも、賃金を上げるための生産性向上だ。そうすれば消費税収も所得税収も増え、個人消費を活性化できる。生産性が上がっても賃金が上がらなければ、企業の内部留保が増えるだけで社会保障負担を担えない。

日本経済は今、2つの問題を抱えている。生産性が十分に上がっていないことと、生産性が上がっているにもかかわらず賃金が下がっていることだ。イングランド銀行(英中央銀行)の分析によると、労働分配率の低下は最大のデフレ要因だ。私は2つの問題を解決するために政府が取るべき政策は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン