大分の避難情報全て解除 九州北部豪雨から2年ぶり

2019/7/25 18:10
保存
共有
印刷
その他

大分県日田市は25日、2017年7月の九州北部豪雨で大きな被害が出た同市小野地区への「避難準備・高齢者等避難開始」を解除した。付近の山崩れ現場の復旧工事が進み、安全が確保されたため。大分県内で豪雨に伴う避難情報は約2年ぶりに全て解除された。

日田市では山崩れに巻き込まれるなどして計3人が死亡した。同地区では17年7月5日に避難指示が発令されて以降、避難情報が継続していた。県は今年3月までに、斜面に地下水を抜く井戸や地盤を固定するアンカーを設置した。

福岡県朝倉市の一部地域では豪雨に伴う避難情報が継続している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]