JR名古屋高島屋、化粧品売り場2倍に拡大

2019/7/25 18:17
保存
共有
印刷
その他

JR名古屋高島屋は25日、2020年春の開業20周年に向けて化粧品売り場を大規模改装すると発表した。これまで3階のみだった化粧品売り場を1、4、6階にも展開し、売り場面積を約2倍に拡大する。人気の高い化粧品ブランドを起点に婦人服や婦人靴、バッグなどの買い回りを促し、利用客の購買意欲を盛り上げる狙いだ。

JR名古屋高島屋の化粧品売り場(25日、名古屋市)

第1弾として8月28日に新規ブランドが7店舗開業する。1階には仏化粧品ロクシタンのギフト専門店が全国の百貨店として初めて登場する。誕生日や記念日の贈り物需要に特化した店舗で、限定ラッピングなどのサービスがある。4階や6階にも東海地区初の化粧品ブランドが複数開業する。

JR名古屋高島屋は00年3月に開業した。化粧品の売上高は開業以来右肩上がりで、18年度までに約7倍に増えた。16年に実施した大規模改装では婦人服売り場を年代別からファッションテイスト別に変更。今回の改装でも、各階に親和性の高い化粧品ブランドを展開する考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]