/

この記事は会員限定です

新興株、資金流出で低迷 大型株シフトが逆風に

[有料会員限定]

新興株が低迷している。6月以降でみると、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均株価は日経平均株価に対して出遅れが目立つ。半導体市況の回復や米国の利下げ期待で、ハイテク株を中心に外需関連の大型株への資金シフトが進んでいるためだ。年前半に米中貿易摩擦の影響を受けにくい新興株が買われた反動もあり、利益確定売りが先行している。

6月から7月25日までに東証マザーズ指数は1%下げ、日経ジャスダック平均も4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません