イスラエル炭酸水企業、職場で「中東和平」 異民族連携

2019/7/26 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国のトランプ政権が「世紀の取引」を実現させると豪語するものの、解決の糸口が依然みえないイスラエルとパレスチナの中東和平。そんななか、ユダヤ人とアラブ人が手を携えて働く工場がある。2018年に米ペプシコが買収した家庭用炭酸水大手のソーダストリーム・インターナショナルだ。国家レベルの和平より一足先に職場内和平を実現している。

「ラマダン・カリーム」、「シャローム」――。イスラム教のラマダン(断食月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]