認知症対策を加速「症状見える化」 都内全域で
都知事インタビュー

2019/7/25 17:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の小池百合子知事は25日、日本経済新聞とのインタビューで、超高齢社会に備え、都内で認知症対策を加速する考えを示した。主なやりとりは次の通り。

――東京五輪後を見据え、残り任期1年で加速する政策は何ですか。

「東京が世界の都市間競争をどう勝ち抜いていくかが重要。これから強めていきたいのはソサエティ5.0という課題だ。ビッグデータやAIを活用して経済の発展と社会的問題の解決を両立させる。5Gが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]