日本式喫茶店 アジア市場開拓 ドトールや猿田彦

2019/7/25 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高級コーヒー店がアジアへの出店を強化している。猿田彦珈琲(東京・渋谷)は三菱商事と資本提携してタイや香港に進出し、ドトール・日レスホールディングスの「星乃珈琲店」は台湾に出店する。米スターバックスなどが先行するアジア市場で、丁寧に抽出したコーヒーを手厚い接客で提供する日本式の喫茶店の需要を開拓する。

猿田彦はこのほど三菱商事から約5億円の出資を受け入れた。三菱商事の出資比率は約15%で、海外への…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]