参院選「痛み」不在の公約 年金・消費税 乏しい財源論

参院選2019
2019/7/26 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日に投開票した参院選では、政策に必要な財源や負担に関する論争は低調だった。かつては政策の数値目標や実施時期、必要財源などを明示して有権者に約束するマニフェストを示す政党もあったが、最近は採用する党も減った。マニフェスト発祥の地である英国でも財源を示さず財政出動や減税を掲げる政治家が目立ってきた。短期的な受益を強調し「痛み」の議論を避ける傾向は続きそうだ。

参院選の争点の一つは年金だった。安倍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]