花王、英高級ブランド「モルトンブラウン」のアジア展開強化

2019/7/25 16:51
保存
共有
印刷
その他

花王は25日、同社が持つ英国発の高級ブランド「モルトンブラウン」のアジア展開を強化すると発表した。日本でホテルのアメニティ事業に参入し、西日本に旗艦店を出す。韓国や香港、東南アジアの旅行免税事業を数年で拡大し、2020年には中国への越境EC(電子商取引)事業を始める。25年までに同ブランドのアジア全体の売上高を18年の5倍に高める。

9月に発売する香水を新たな主力商品に育てる

9月に発売する香水を新たな主力商品に育てる

モルトンブラウンは香りにこだわったボディーケア商品などが主力の高級ブランド。現在は英国王室の御用達だという。1971年に英国で創業し、2005年に花王が買収した。欧州を中心に72カ国・地域で事業を展開している。

同社は高級化粧品市場が年1割のペースで成長しているアジアに注目。花王でモルトンブラウンのアジア事業を統括する大倉誠一氏は「市場動向は追い風だ」と話す。とりわけ米エスティ・ローダーの「ジョーマローン」など、香水を主力に据えたブランドの躍進が目立つという。

花王はモルトンブラウンから、本格的な香水27種類を9月以降に順次売り出す。新たな主力商品の1つに育てたい考えだ。

花王は18年5月、伸び悩んでいた化粧品事業の新戦略をまとめた。販売が低迷する商品は廃止し、海外展開が主力の11ブランドにマーケティング投資を集中させている。モルトンブラウンも強化ブランドの1つだ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]