プレーバック

フォローする

上野の413球、悲願の「金」 2008年北京五輪

Tokyo2020
2019/8/1 10:33 (2019/7/26 6:30更新)
保存
共有
印刷
その他

日本ソフトボール界に輝かしい歴史を刻んだ2008年北京五輪。宿敵だった米国の厚き壁を破るまでの道程はエース、上野由岐子の熱投なくして語れない。

北京五輪・ソフトボール女子決勝で米国を破り優勝、指を突き上げ喜ぶ上野ら日本ナイン

北京五輪・ソフトボール女子決勝で米国を破り優勝、指を突き上げ喜ぶ上野ら日本ナイン

準決勝の米国戦、3位決定戦のオーストラリア戦を1人で投げ抜き、翌日の米国との決勝でもマウンドに立った。世界が認める屈指の右腕といえども疲労は隠せない。全ては米国を倒して金メダルを取るため。積年の思いが過酷な状況で体を動かしていた。

2日間で3試合に完投、球数は計413球に達した。宿願かなって仲間に肩車され、人さし指を空に向けた姿は大会を彩る名場面のひとつとして語り継がれている。

北京を最後に五輪種目から外れたソフトボールは、残り1年を切った東京五輪で復活を果たす。開会式に先立って行われる7月22日の初戦は自身の38歳の誕生日という運命的な巡り合わせ。今年4月に打球が直撃して顎を骨折するアクシデントに見舞われたが、12年の時を経て再びあの勇姿が見られそうだ。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

バルセロナ五輪・競泳、女子200メートル平泳ぎで優勝した岩崎恭子の力泳=1992年7月27日、バルナト・ピコルネル・プール本社

 「今まで生きてきた中で一番幸せです」。1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ決勝。レース終了後に取材エリアに現れた少女は、どこか夢見心地のまま笑顔で喜びを語った。中学2年生、当時14歳 …続き (9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]